Excel便利ワザ

[Excel便利ワザ]空白セルにまとめて値を入力![急な依頼も問題なし]

2022年6月26日

困ってます
今まで入力が必要ないセルは空白にしていたのに、上司に空白はダメだから「0」で埋めといてと言われた。

こんにちはロンピー(@ronpeee0809)です。

 

ロンピー
会社員をしながらExcelVBAを15年ほど使用しています。

VBA以外にも日々の業務で役に立ったExcel機能を紹介します。

 

大量のデータが入力されている表で、今までの社内ルールはデータがなければ空白だったのに、

これからは空白には「0」を入れておいて。

などと上司から依頼されたことはないですか?

 

1つ1つセルに文字を入力していたら、時間がいくらあっても足りませんよね。

この記事では、

オートフィルターを使って一括入力する。

ジャンプ機能を使って一括入力する。

の方法を紹介します。

 

オートフィルターを使って一括入力する

 

Excel機能のオートフィルターを使用すれば、

入力したい行を選んで表示し、まとめて入力することができます

 

①各商品の売上個数で、今までは売り上げがない日を空白にしていたとします。

 

②オートフィルターで「0」を抽出してみましょう。

「データ」タブ>「並び替えとフィルター」から「フィルター」を選択します。

 

 

 

③「空白」セルにチェックを入れて「OK」を選択

 

 

④空白のみの行が抽出されました。

 

⑤一番初めの空白に「0」を入力し、図のように右下の角を下にドラッグすればすべてに「0」が入力できます。

 

オートフィルターを解除すると、空白セルに「0」が入力されていますね。

 ただ、1列のリストに入力する時はオートフィルターが有効ですが、

 表にあるすべての空白に「0」を入れるなら、次に紹介する「ジャンプ機能」が便利です。

 

 

 

ジャンプ機能を使って一括入力する

 

Excelのジャンプ機能とは、見つけたいセルがどこにあるか教えてくれる機能です。

検索方法は、

・「ホーム」タブ>「検索と選択」>「条件を選択してジャンプ」

・「Ctrl+G」

・ファンクションキーのF5

のどこからでもOKです。

 

先ほどのExcel表をもう一度見てみましょう。

 

①該当のExcel表を全選択します。

 表の好きなセルを選択して「Ctrl+A」のショートカットでも選択できますよ。

 

②ここでジャンプ機能を使います!

 今回は「Ctrl+G」のショートカットを使ってみましょうか。

 次に「セルの選択」を選びます。

 

③続いて「選択オプション」の「空白セル」を選択し、「OK」を押しましょう。

 

④すると「空白セル」のみ選択されます。

 あとは、「0」を入力し、「Ctrl+Enter」を押すと、選択されているすべてのセルに「0」が入力されました。

 

Excel機能のオートフィルターとジャンプ機能を使えば、手打ちをいっぱいしなくてもまとめてセルに入力することができます。

 

最後に

 

本サイトは、ExcelVBAの学習方法を紹介しています。

ExcelVBA入門[完全初心者も30日で基本をマスター]

続きを見る

 

また、ExcelVBAを独学するには書籍がたくさん発行されており、

どれを購入すればいいか迷うところです。

おすすめの本を厳選していますので、こちらの記事も参考にして下さい。

 

さらに、

エクセルを電子書籍で学習するならamazon kindle

自己啓発を耳で学習するならamazon audible

もおすすめ!

-Excel便利ワザ
-

Copyright© Ronpeee blog , 2022 All Rights Reserved.