Excel関数

[Excel関数]検索範囲で複数条件にあうセルの個数を求めるCOUNTIFS関数

2022年6月16日

 

困ってます
複数の条件にあうセルの個数を知りたいけど、Excel関数で求められる?

 

こんにちはロンピー(@ronpeee0809)です。

 

ロンピー
ExcelVBA歴15年以上の経験を持つ筆者が、エクセルにある様々な機能から、実際に役立つ機能を紹介しています。

 

今回ご紹介するExcel関数は、複数条件にあうセルの個数を求められる「COUNTIFS関数」です。

 

COUNTIF関数という関数もありますが、COUNTIF関数とCOUNTIFS関数を比較すると、

 

COUNTIF関数:範囲を指定する条件式は1こ

COUNTIF関数:範囲を指定する条件式は最大127こ

 

なので、セルの個数を数える最強の関数といっていいでしょう。

 

式は

=COUNTIFS(検索条件範囲1,条件1,,検索条件範囲2,条件2,・・・)

 

 

COUNTIFS関数の使い方①

 

次の表をご覧ください。

福岡みかん売れた日にちの個数を知りたいとします。

 

 

これで、検索結果個数は「2」と求まります。

 

今回、条件1と条件2をセル番地で指定していますが、

=COUNTIFS(B3:B11,”みかん”,C3:C11,”福岡”)

のように、文字列(ダブルクォーテーション{""}で囲む)の書き方でも問題ありません

 

COUNTIFS関数の使い方②

 

次に演算子(<,>,=)を使用した場合の使い方を紹介します。

 

次の表をご覧ください。

福岡20個より多く売れた日にちを求めます。

 

 

これで、検索結果個数は「1」と求まります。

 

条件2に演算子を入れずに数字だけ入れたかったので、関数自体に演算子(>)を入れていますが、

=COUNTIFS(C3:C11,G3,D3:D11,G4)

と関数を記述して、条件2のセルに「>20」と入力してもOKです。

 

Excel関数のCOUNTIFSを使えば、複数条件にあったセルの個数をかんたんに数えることができました。

 

最後に

 

本サイトは、ExcelVBAの学習方法を紹介しています。

ExcelVBA入門[完全初心者も30日で基本をマスター]

続きを見る

 

また、ExcelVBAを独学するには書籍がたくさん発行されており、

どれを購入すればいいか迷うところです。

おすすめの本を厳選していますので、こちらの記事も参考にして下さい。

 

さらに、

エクセルを電子書籍で学習するならamazon kindle

エクセルの内容はあまりないけど、自己啓発関係はamazon audible

もおすすめ!

-Excel関数
-

Copyright© Ronpeee blog , 2022 All Rights Reserved.