Excel関数

[Excel関数]四捨五入を自由自在におこなえるROUND関数の紹介

2022年6月19日

 

困ってます
希望の桁数で四捨五入する関数はありますか?

 

こんにちはロンピー(@ronpeee2010)です。

 

ロンピー
ExcelVBA歴15年以上の経験を持つ筆者が、エクセルにある様々な機能から、実際に役立つ機能を紹介しています。

 

今回ご紹介するExcel関数は、四捨五入を自由に表示する「ROUND関数」を紹介します。

 

 

 

 

 

ROUND関数の使い方

 

ROUND関数を使用すれば、

小数点がある値を整数で表示させる。

小数点以下の値を小数点第1位まで表示させる。

といった操作が可能になります。

 

式は

=ROUND(数値,桁数)

 

数値には直接数値を入力するか、セル番地を指定することができます。

桁数は希望の桁数を指定してください。

 

桁数 表示内容
整数
小数第1位
-1 1の位

で四捨五入できます。

 

 

このようにカンタンに希望の桁数に四捨五入ができます。

 

 

 

ROUND関数に関連する関数

 

ExcelのROUND関数には、

 

ROUNDUP関数

ROUNDDOWN関数

のような関連関数があります。

 

式は同じような使い方ができ、

=ROUNDUP(数値,桁数)

=ROUNDDOWN(数値,桁数)

で表せます。

 

ROUNDUP関数は指定の桁数で切り上げ

ROUNDDOWN関数は指定の桁数で切り下げます

 

最後に

 

本サイトは、ExcelVBAの学習方法を紹介しています。

ExcelVBA入門[完全初心者も30日で基本をマスター]

続きを見る

 

また、ExcelVBAを独学するには書籍がたくさん発行されており、

どれを購入すればいいか迷うところです。

おすすめの本を厳選していますので、こちらの記事も参考にして下さい。

 

さらに、

エクセルを電子書籍で学習するならamazon kindle

エクセルの内容はあまりないけど、自己啓発関係はamazon audible

もおすすめ!

 

-Excel関数
-

Copyright© Ronpeee blog , 2022 All Rights Reserved.