Excel VBA Programming

[ExcelVBA] セルの書式設定[フォント]

2020年3月15日

 

本記事はエクセル2019で動作確認を行っています。

 

困ってます
エクセルの書式設定でフォントはVBAであつかえますか?

具体的なコードを教えてほしい。

 

本記事ではこのような疑問にお答えします。

 

サイト運営者であるロンピー(@ronpeee0809)はExcelVBAを使用して10年以上会社部内の業務改善を行っています。

これからVBAを学ぶ方がスムーズに学習を進められる手助けをしていきます。

ロンピー

 

 

 

[ExcelVBA] セルの書式設定[フォント]

 

エクセルにはセルの書式設定でフォントに関するの操作が可能です。

エクセル>セルの書式設定>フォント

ここでは、セルデータのフォント名・スタイル・サイズ・下線・文字飾りに関する設定をすることができます。

 

 

1つずつ見ていきましょう。

 

①フォント名

 

<式>

オブジェクト.Font.Name="フォント名"

FontオブジェクトにNameプロパティを設定することで指定できます。

フォント名には”游ゴシック”や”MS 明朝”など、具体的なフォント名を「"(ダブルクォーテーション)」で囲んであげましょう。

 

②スタイル

 

スタイルの設定には文字を太文字にしたり、斜体にしたりできます。

 

太文字

<式>オブジェクト.Font.Bold=TrueかFalse

FontオブジェクトにBoldプロパティを設定することで指定できます。

Trueでセルデータを太文字にできます。

Falseでセルデータを標準に戻します。

 

 

斜体

<式>

オブジェクト.Font.Italic=TrueかFalse

FontオブジェクトにItalicプロパティを設定することで指定できます。

Trueでセルデータを斜体にできます。

Falseでセルデータを標準に戻します。

 

 

③サイズ

 

サイズの設定には数値を指定することで、文字の大きさを設定することができます。

<式>

オブジェクト.Font.Size=数値

 

 

④下線

 

下線の設定では文字にさまざまな下線を引くことができます。

 

<式>

オブジェクト. Font.Underline=設定値

 

内容 設定値
無し False
無し xlUnderlineStyleNone
下線 True
下線 xlUnderlineStyleSingle
二重下線 xlUnderlineStyleDouble
下線(会計) xlUnderlineStyleSingleAccounting
二重下線(会計) xlUnderlineStyleDoubleAccounting

 

 

⑤文字飾り

 

文字飾りには3種類の設定方法があります。

 

取り消し線

<式>

オブジェクト.Font.strikethrough=TrueかFalse

Trueで取り消し線の実行をします。

Fslseで取り消し線の解除をします。

 

上付き

<式>

オブジェクト. Font.Superscript=TrueかFalse

Trueで上付きを実行をします。

Fslseで上付きの解除をします。

 

<式>

下付き

オブジェクト.Font.Subscript=TrueかFalse

Trueで下付きを実行をします。

Fslseで下付きの解除をします。

 

 

実際にVBAを記述しよう!

 

フォントの設定にはオブジェクト名を何度も指定することがでてきます。

そんな時は「Withステートメント」が便利なので使えるようにしましょう。

「Withステートメント」は入れ子(ネスト)にすることで、VBAの記述を減らせ、可読性をよくすることができます。

(式)

With オブジェクト名

内容

End With

 

Sub ネストなし()

 Range("A1").Font.Name="MS 明朝"
 Range("A1").Font.Bold=True
 Range("A1").Font.Size=30
 Range("A1").Font.Underline=xlUnderlineStyleDouble

End Sub

 

Sub ネストあり()

 With Range("A1").Font
    .Name="MS 明朝"
    .Bold=True
    .Size=30
    .Underline=xlUnderlineStyleDouble
 End With

End Sub

 

上記2つのプロシージャは同じ結果を得ることができます。

 

 

 

まとめ

 

今回はセルの書式設定でフォントについて解説しました。

 

エクセルのセルの書式設定には他にも、

もVBAで操作可能ですので、あわせて知っておきましょう。

最後まで目を通していただきありがとうございます。

-Excel VBA, Programming
-

Copyright© Ronpeee blog , 2021 All Rights Reserved.