Excel VBA Programming

[Excel VBA] マクロのセキュリティ設定方法

2020年2月27日

 

本サイトの解説はエクセル2019を使用しています。

 

 

困ってます
Excel VBAを使うのって安全なの? セキュリティがあれば教えてほしい。

 

本記事はこのような疑問におこたえします。

 

こんにちは、ロンピー(@ronpeee0809)です。

 

自己紹介

Excel VBAを会社の業務で日々改善を行っています。

経験は10年以上になり、時間効率化した時間は測定不能です。

本サイトでは、小難しいVBAのうんちくではなく、実務で使える方法を自分の経験と照らして解説します。

 

この記事を読むと

・マクロのセキュリティ設定方法

・信頼できるブックは信頼できる場所に保存

の方法が分かります。

 

マクロは場合によってはウイルスに感染することもあるので、セキュリティの設定を知っておくことは大切です。

 

だからといって、これから VBAを使うか悩んでいる人は怖いものだと思わないでくださいね。

 

 

セキュリティの設定方法

 

Excel VBAのセキュリティの基本は

あぶなそうなマクロを含むエクセルデータはひらかない!

です。

 

それでは早速セキュリティ設定の手順をみていきます。

1.「開発」タブをクリック 「開発」タブの出し方はこちら⇒Excel VBAの起動方法

2.「マクロのセキュリティ」をクリック

3.「マクロの設定」をクリック

をして下さい。

 

すると、このような画面になります。

 

マクロの設定は4種類準備されています。

ここでは、「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」

を選び、「OK」ボタンをクリックしてください。

 

かんたんに設定が完了しました。

 

次からマクロを含むブックを開いたときは、セキュリティの警告が表示されます。

 

「コンテンツの有効化」をクリックすると、メッセージバーは消えマクロが有効になります。

もちろん有効化しなければ、マクロは無効のままシート操作が可能になります。

 

 

信頼できるブックは信頼できる場所に保存

 

ネットでダウンロードしたり、他者から受け取ったマクロを含むブックにはセキュリティが必要です。

しかし、毎日の業務で使うブックに毎回警告文がでるのは結構なストレスです。

 

ここでは常にマクロを有効にする方法を解説します。

 

確実に信頼できるものは「信頼できる場所」に保存してしまいましょう。

手順は

1.「開発」タブ>「マクロのセキュリティ」>「信頼できる場所」へ

2.「新しい場所の追加」ボタンをクリック

3.「参照」ボタンをクリック

4.指定するフォルダを選び「OK」をクリック

5.パスが指定したフォルダであることを確認し、「OK」ボタンをクリック

※この時、指定フォルダに含まれる下位のフォルダも信頼できるときは、「この場所のサブフォルダーも信頼する」にチェックを入れましょう。

 

これで、指定したフォルダ内のマクロを含むブックは信頼できるブックになりました。

指定フォルダの変更や削除はおなじく、

「開発」タブ>「マクロのセキュリティ」>「信頼できる場所」に「削除」と「変更」が用意されています。

 

保護ビューも活用しよう

 

危険性のあるファイルについて警告をださずに制限モードでブックを開きます。

インターネットでダウンロードしたマクロを含むブック

メールで送られてきたマクロを含むブック

 

このようなブックについて保護ビューモードでブックを開きます。

 

手順は

1.「開発」タブ>「マクロのセキュリティ」>「保護ビュー」

2.下記のようにチェックを入れる。

 

するとこのようなメッセージが表示されます。

 

信頼できないマクロを含むブックならば、保護ビューモードのままデータを見るようにしましょう。

 

 

まとめ:Excel VBAを安全につかう

 

ここまで、マクロのセキュリティ設定方法を見てきました。

 

まとめると

信頼できないブックはひらかない。

警告文を出すようにしてひらくか判断

信頼できるブックは信頼できるフォルダに保存

になります。

 

安心快適にエクセルのマクロを使用していきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-Excel VBA, Programming
-

Copyright© Ronpeee blog , 2021 All Rights Reserved.